やっぱボリンジャーバンドが最強のテクニカルツールだね

いきなりですが、僕が毎日のFXトレードで一番利用しているテクニカルツールはボリンジャーバンドです。

昔はRSIやMACD、ストキャス、一目均衡表なども合わせてみてたのですが、結局今はボリンジャーバンドとRSIだけ。

というかRSIは参考くらいでボリンジャーバンドオンリーと言ってもいいくらい。

理由は、単にあまり複雑に考えるのが面倒だと言うのと、これだけでも意外と勝てるというのが判ってきたからです。

でもバックテストとかしてるわけではないので、「これってラッキーなのかな? 他の人はどう思っているのだろう?」と思っていたのですが、意外にネットでの口コミなどを見ていると、ボリンジャーバンドは最強の呼び声が高い(笑)。

某巨大掲示板の書き込みなどから例をあげると

・5〜1分足使用。中央線で止まったら中央線に反って持ち合いになりやすいから様子見。動き出したら順張り。逆張りせずに反転確認してから付いて行けばOK。

・ボリンジャーバンド外側って事はストキャス外側ゾーンと同等。なのでストキャス無用。 チャートの値動き見てればMACDもいらん。

・俺はボリバンと平均足。ポンド円5分だと大体中央線はスルーする。 平均足が変わったら利食い。大体勝てる。

・ボリバン内順張り最強

・正直、レートのピコピコだけでかてる。完璧に、天井S底Lゲットできるぜ。

・ボリンジャーバンド真ん中線は投資家心理の交錯する場所

・バンドウォークならとりあえずついていけばおk

などなど。

ボリバン最強説信者が多い模様(笑)。

いやー。なんか自分のやり方ってやっぱり間違ってなかったんだ! って少しだけ自信になりました。

ちなみにボリンジャーバンドを用いた手法には大きく分けて2種類あって

・下限でロング、上限でショートという手法。いわゆるボリバン内逆張り。レンジ相場で有効。
・全てのバンドが同じ方向を向いたらトレンド発生とみて順張りエントリー。上限下限でバンドウォークし始めたらさらに追っかけ買いor追っかけ売り。うまくはまると大儲け可能。

などが有名ですが、僕は主にボリバン内順張りです。たまにバンドウォーク追っかけもやりますが。

基本的に逆張りはしませんね。うまくいった試しがないので。

ボリンジャーバンドの考案者の言葉を「テクニカル分析入門」という本から転載すると
「マーケットに限らず、絶対的な真実、尺度というものは現実社会には存在しない。
(略)
もし誰かが唯一絶対的なルールや尺度を当てはめてうまくやっていると主張したとしてもそれは狭く限定されたパラダイムの中でのローカルルールに縛られているにすぎない。もしそういった態度でマーケットに臨むのなら、早晩苦い思いをすることになるであろう」

って言ってるようです。

早い話がボリンジャーバンドだけを見てトレードをすると危険ってことなんですかね。

ちなみにボリンジャーバンドはRSIと相性抜群らしいです。

ボリンジャーバンドでトレンドを計り、RSIでトレンドの終了を予想する。

これで大体勝てると個人的には思うのですが、まだまだこれでも「狭く限定されたパラダイムの中でのローカルルール」に過ぎないんでしょうかね。

[投稿日:2010年11月23日]

どうしても勝てない人におすすめ

FX証券会社比較特集

最近の関連エントリー

PR

管理人プロフィール

1973年生まれの男。
2016年4月でFX9年目に突入。
2008年の大負け(300万)は、2014年10月でようやくチャラにすることができました(長かった……)。
こんなダメな奴でも必死に食らいついていれば、きっといつかは勝てる日が来る。それがFXの魅力だと思います。
現在、FXで月100万を目指して奮闘中です。

FX初心者の時の大惨事を今は何とか笑って振り返ることができるようになりました。まとめ記事を書きましたので、興味のある方はぜひ、読んで失笑してみてくださいw。

序:FXを始めてたった半年で300万円大負けした話まとめ
第1話:FXバーチャルトレードでの成績はあてにならない
第2話:「損小利大」だけではFXで勝つことはできない
第3話:損切りしない戦法で月10万以上稼げるようになるものの…
第4話:FX破産への近道それは「ナンピン」
第5話:損切りできないとたった一度の失敗で大金を失う。それがFXの怖さ。
最終話:敗北から得たものと今もFXを続けている理由

FX初心者はこちら

FXって何?という人はこちらから読んでみてください。

おススメ

カテゴリ

about

FXブログランキング


Copyright(c) FX初心者からの成功と失敗日記 All Rights Reserved