スキャルピングの利点

過去、このブログで何度も、FXでのデイトレやスキャルピングは不利、みたいなことを書いていますが、実はまだ自分はスキャルピングばかりやっています。

理由は、メンタル的なもの。

戦術的に見ると、やはりFXではスイングトレードが良いらしく、プロのディーラーの人たちも大体そのようなことを言っていたりします。

が、ポジションを持つと、僕の場合、他の事が手につかない(笑)。

たった、一万通貨のポジションでも気になって気になって、PC画面から離れられなくなります。テレビを見ていても、番組内容は上の空。

オーバーナイトのポジションを持とうものなら、寝不足は確実。
週末持ちこしなどしようものなら、せっかくの土日(休日)が台無しです。

いうなれば、プレッシャーに弱い人間だということです。

それに、FXで勝てるか負けるかは、戦術的なものよりもむしろメンタル・コントロールの成否にかかっているように、過去の失敗から感じるところが多いです。

例えば、9割以上の確率で勝てる!という自信があるにもかかわらず、その直前に大負けしてしまったがために、売買を見送ってしまったとか、損失を恐れるあまり、損切りのタイミングが遅れ、大負けしていまったり…と言った感じです。

実は僕の場合、、過去数ヶ月の損失を取引履歴などで調べてみると「もしあと2,3日、損切りをせずにポジションを保持していたら、全て利益が出ていたはずのポジションばかり」であったりします。

なので、中長期的な視点で見ると、そんなに方向性は間違ってはいない、のです。
理由はきっと、他の上級者ブログやいろいろなメルマガなどで、今後の為替相場の見通しなどを見ているためでしょう。

だから、もし、1週間ぐらいポジションを持ち続ける勇気があれば…と思うときもあるのですが、やはりやってしまうのはスキャルピング。

そして、スキャルピングをやるようになってからは、それほど大負けすることはありません。まあ、あるにはあるので、利益にはなっていませんが(笑)。

でも、以前のように「相場観はあっていても、少しのアゲインストに耐えられず、思わず損切りして、後悔してしまう」ということは少なくなりました。

まあ、その場限りの、計画性のないトレードばかりをしていた自分が悪いのですが、やはり自分のような精神的な弱さを持つタイプの人間には、超短期のトレードがあっているように思います。

確かにスキャルピングは効率の悪いトレード手法だとは思いますが、精神的には一番楽ですから。

まあ、楽にお金儲けを考えているあたりが、僕がFXで勝てない一番の理由なのかもしれませんが(笑)。

[投稿日:2008年10月20日]

どうしても勝てない人におすすめ

FX証券会社比較特集

最近の関連エントリー

PR

管理人プロフィール

1973年生まれの男。
2017年4月でFX10年目に突入。
2008年の大負け(300万)は、2014年10月でようやくチャラにすることができました(長かった……)。
こんなダメな奴でも必死に食らいついていれば、きっといつかは勝てる日が来る。それがFXの魅力だと思います。
現在もFXで月100万を目指して奮闘中です。

FX初心者の時の大惨事を今は何とか笑って振り返ることができるようになりました。まとめ記事を書きましたので、興味のある方はぜひ、読んで失笑してみてくださいw。

序:FXを始めてたった半年で300万円大負けした話まとめ
第1話:FXバーチャルトレードでの成績はあてにならない
第2話:「損小利大」だけではFXで勝つことはできない
第3話:損切りしない戦法で月10万以上稼げるようになるものの…
第4話:FX破産への近道それは「ナンピン」
第5話:損切りできないとたった一度の失敗で大金を失う。それがFXの怖さ。
最終話:敗北から得たものと今もFXを続けている理由

FX初心者はこちら

FXって何?という人はこちらから読んでみてください。

おススメ

カテゴリ

about

FXブログランキング


Copyright(c) FX初心者からの成功と失敗日記 All Rights Reserved