FXで大損した人たちの共通点

つい最近、コンビニでフライデーかフラッシュのどちらか忘れましたが、このたびの金融崩壊によって大損した人たちの特集記事を目にしました。

中にはやはりFXで大損した人の例も。

読んでいて思ったのは「自分となんとなく似ている」ということ。

FXで大損する人というのは、やはりリスク管理が出来ていない人ばかりである、ということを再認識するに至りました。

希望的観測でポジションを持ち、しかも、レバレッジを高く設定、そしていつの間にか許容範囲以上の損失になってしまう…。

リスク管理さえしっかりしていれば、株取引、為替含めて、大儲けすることはまれにあっても、大損することは決してありません(もちろん、勝つ確率が上がるわけでもありませんが)。

具体的に言うと、許容範囲の損失金額をまず設定、その2倍程度のリターンを得るようにポジションを取る。そして、許容範囲の損失が発生した場合は、いさぎよく投資生活から撤退する。

こうすれば、決して致命的な損失は起こりません。

そして、損失額を設定することによって、トレードがより慎重になり、冷静な目でマーケットの動きを分析できるようになるし、また分析力が足りない、と思ったなら、勉強しようという気にもなるはずです。

やはり楽して儲けようという意識がFXに勝てない人の共通点と言えるのかも。

もちろん、努力しても勝てない人は勝てないのかもしれませんが…。

[投稿日:2008年11月18日]

どうしても勝てない人におすすめ

FX証券会社比較特集

最近の関連エントリー

PR

管理人プロフィール

1973年生まれの男。
2016年4月でFX9年目に突入。
2008年の大負け(300万)は、2014年10月でようやくチャラにすることができました(長かった……)。
こんなダメな奴でも必死に食らいついていれば、きっといつかは勝てる日が来る。それがFXの魅力だと思います。
現在、FXで月100万を目指して奮闘中です。

FX初心者の時の大惨事を今は何とか笑って振り返ることができるようになりました。まとめ記事を書きましたので、興味のある方はぜひ、読んで失笑してみてくださいw。

序:FXを始めてたった半年で300万円大負けした話まとめ
第1話:FXバーチャルトレードでの成績はあてにならない
第2話:「損小利大」だけではFXで勝つことはできない
第3話:損切りしない戦法で月10万以上稼げるようになるものの…
第4話:FX破産への近道それは「ナンピン」
第5話:損切りできないとたった一度の失敗で大金を失う。それがFXの怖さ。
最終話:敗北から得たものと今もFXを続けている理由

FX初心者はこちら

FXって何?という人はこちらから読んでみてください。

おススメ

カテゴリ

about

FXブログランキング


Copyright(c) FX初心者からの成功と失敗日記 All Rights Reserved