フィラデルフィア連銀景況指数とは?

フィラデルフィア地区連銀景況指数とは、アメリカの12ある地区連銀(連邦銀行)の一つであるフィラデルフィア連銀が管轄地区(ペンシルバニア州、ニュージャージー州、デラウエア州)のみを対象に、各企業(製造業)等に調査したアンケートから、景況感を指数化したもの。

毎月第3木曜日に発表になります。

米国の景気を測る重要な指標として、雇用統計がありますが、このフィラデルフィア連銀景況指数は、その先行指数としても注目されています(理由はもちろん、調査アンケートに失業率や就業者数等の項目が含まれているから)。

また、同じ連銀が発表する製造業景況感指数としてニューヨーク連銀製造業景況指数(ニューヨーク州のみ)、ISM製造業景気指数(全米)があり、発表時期、カバーしている管轄地域から考慮して、重要度は、ISM、フィラデルフィア、ニューヨークの順になります。

まず、毎月15日に発表される、ニューヨーク連銀製造業景況指数を先行指標としてみて、その結果から数日後に発表されるフィラデルフィア連銀景況指数を予想、確認し、そして翌日初旬に発表になる、もっとも重要度の高い(相場を動かす力の強い)ISM製造業景気指数で、米国の景況感を確認する、という流れが一般的です。

以下、結果。

08年6月19日 6月フィラデルフィア地区連銀景況指数
−17.1(予想−10.0) ドル円瞬間10銭ほど下げたがすぐ元に。

08年7月17日23時 7月分
-16,3(予想-15.0) ドル円、瞬間の反応なし。

08年8月21日23時 8月
-12,7(予想-12,6) その後ドル売りに反応

[投稿日:2008年06月19日]

どうしても勝てない人におすすめ

FX証券会社比較特集

最近の関連エントリー

PR

管理人プロフィール

1973年生まれの男。
2017年4月でFX10年目に突入。
2008年の大負け(300万)は、2014年10月でようやくチャラにすることができました(長かった……)。
こんなダメな奴でも必死に食らいついていれば、きっといつかは勝てる日が来る。それがFXの魅力だと思います。
現在もFXで月100万を目指して奮闘中です。

FX初心者の時の大惨事を今は何とか笑って振り返ることができるようになりました。まとめ記事を書きましたので、興味のある方はぜひ、読んで失笑してみてくださいw。

序:FXを始めてたった半年で300万円大負けした話まとめ
第1話:FXバーチャルトレードでの成績はあてにならない
第2話:「損小利大」だけではFXで勝つことはできない
第3話:損切りしない戦法で月10万以上稼げるようになるものの…
第4話:FX破産への近道それは「ナンピン」
第5話:損切りできないとたった一度の失敗で大金を失う。それがFXの怖さ。
最終話:敗北から得たものと今もFXを続けている理由

FX初心者はこちら

FXって何?という人はこちらから読んでみてください。

おススメ

カテゴリ

about

FXブログランキング


Copyright(c) FX初心者からの成功と失敗日記 All Rights Reserved