雇用統計スキャルで阿鼻叫喚の実況中継?

ドル円ロング96,510(21時32分37秒)→96,414(21時37分19秒)-9600円
ドル円ショート96,418(21時37分28秒)→96,402(21時49分46秒)+1600円
ドル円ロング96,387(21時50分57秒)→96,145(22時09分09秒)-24200円
ドル円ショート96,155(22時09分25秒)→96,106(22時15分33秒)+4900円

計-27300円

FXトレーダーにとっては待ちに待った、月に一度のお祭り。


これまで、雇用統計発表時の乱高下に乗じたスキャルピングで結構利益を得てきたという自信もあり、自分にとってはとても勝率の良い、いわばプチボーナス日ともいえる米雇用統計発表の日でもあります。

が、これまでの勝ちは単なる偶然の積み重ねだということが先月と今月(今日)ではっきりしました(笑)。

見てください、上記のトレード結果を。

買えば下がり、売れば上がる(もしくは動かず)。

これは、もしかして、巷で噂のFX会社によるレート操作か?自分の見ているレートだけ他とは違っているのでは?と疑いたくなるほどの散々たる結果でした。

結果は2勝2敗でしたが、利益はもちろん大幅マイナス。調子に乗って100万通貨とかで取引しなくて本当に良かった(それだけが不幸中の幸い…)。

僕のこれまでの記憶では、雇用統計では悪い結果がでても、「材料出つくしでその後ドル円上昇」というシナリオが多く今回も悪い結果がでたので、この後上昇するはず。

そう思っていたのですが、先月、今月と結果に素直に相場が動いているような気がします。

まあ、流れが変わったってことなんですよね、単純に。

要は臨機応変に流れの変化についていける人だけがFXで勝ち続けることができる、という基本事項をおろそかにした結果がこれです。

せめて、先月のトレード記録を読んでからすればよかった(先月負けたのすっかり忘れてました…)。

ただ、雇用統計がお小遣い稼ぎの大チャンスである、という認識は変わっていないので、来月もがんばるつもり。

もちろん、それまでも少しづつがんばって、こつこつ貯金を増やしていきたいものですが。

早く、自信をもって100万通貨以上でガンガントレードできるようになりたいものです。

まあ、僕には無理かもしれませんが(自信喪失です…)。

[投稿日:2009年07月02日]

どうしても勝てない人におすすめ

FX証券会社比較特集

最近の関連エントリー

PR

管理人プロフィール

1973年生まれの男。
2017年4月でFX10年目に突入。
2008年の大負け(300万)は、2014年10月でようやくチャラにすることができました(長かった……)。
こんなダメな奴でも必死に食らいついていれば、きっといつかは勝てる日が来る。それがFXの魅力だと思います。
現在もFXで月100万を目指して奮闘中です。

FX初心者の時の大惨事を今は何とか笑って振り返ることができるようになりました。まとめ記事を書きましたので、興味のある方はぜひ、読んで失笑してみてくださいw。

序:FXを始めてたった半年で300万円大負けした話まとめ
第1話:FXバーチャルトレードでの成績はあてにならない
第2話:「損小利大」だけではFXで勝つことはできない
第3話:損切りしない戦法で月10万以上稼げるようになるものの…
第4話:FX破産への近道それは「ナンピン」
第5話:損切りできないとたった一度の失敗で大金を失う。それがFXの怖さ。
最終話:敗北から得たものと今もFXを続けている理由

FX初心者はこちら

FXって何?という人はこちらから読んでみてください。

おススメ

カテゴリ

about

FXブログランキング


Copyright(c) FX初心者からの成功と失敗日記 All Rights Reserved