週末はポンドで痛い目にあった

週末、先週の金曜日、ポンドドルを22時半ころに1,6445でショートにした。

この日、ここまでポンドドルは強い上昇を見せていたので、この後、週末要因を考えると、多くの人が利食い売りを入れるに違いない、すなわち、ポンドドルはこの後下がるはずだ!という考えがあったからだ。

しかも、ここ数日、NY時間後半にポンドドルはそれまでの流れとは反対の動きをすることが多かったという記憶も、ポンドドルを売りたいという衝動に繋がった。

で、ショートメイクしたのだが…。

1,6500より上には行かないだろうが、もしかすると、ストップ狙いの仕掛けがあるかもしれないので、逆指値を1,6510に設置してしばらく放置していたのだが、深夜1時前ごろ、そろそろ利益が乗っているかな^^などと楽しみな気持ちでFXプライムの取引画面にアクセス。

するとびっくり!今にも1,6500を突破しそうなくらいの状態に!

いやいや、ここから持ち直すに違いない、さすがにここらで利食い売りが入るに違いない、という期待を胸に平静さを取り戻そうとした瞬間、ポンドドル(ユーロドルも)一気に50pipsほど急上昇!

なんでも、米国債市場で、米国債が買われ、ドル金利が低下傾向にあるとの情報が入ったのが原因とか(byFXプライム)。

で、あっという間にストップがつきました。しめて-68pips(6541円)。

大きく利幅を狙うときは大体、1枚か2枚しかポジションを持たないので、この程度の損失で済みましたが、本当に残念です…。

というか、最近、また為替相場が難しくなってきたような気がします。

今週も、米国債市場は大荒れが予想されています(明日から過去最大規模の米国債の入札が予定、24日水曜日にはFOMCが)。

というわけで今週もつかみ所のない、上へ下への乱高下がありそうな予感。

こういう場合はやはりスキャルピングのような回転売買が有効そうですね。

[投稿日:2009年06月22日]

どうしても勝てない人におすすめ

FX証券会社比較特集

最近の関連エントリー

PR

管理人プロフィール

1973年生まれの男。
2017年4月でFX10年目に突入。
2008年の大負け(300万)は、2014年10月でようやくチャラにすることができました(長かった……)。
こんなダメな奴でも必死に食らいついていれば、きっといつかは勝てる日が来る。それがFXの魅力だと思います。
現在もFXで月100万を目指して奮闘中です。

FX初心者の時の大惨事を今は何とか笑って振り返ることができるようになりました。まとめ記事を書きましたので、興味のある方はぜひ、読んで失笑してみてくださいw。

序:FXを始めてたった半年で300万円大負けした話まとめ
第1話:FXバーチャルトレードでの成績はあてにならない
第2話:「損小利大」だけではFXで勝つことはできない
第3話:損切りしない戦法で月10万以上稼げるようになるものの…
第4話:FX破産への近道それは「ナンピン」
第5話:損切りできないとたった一度の失敗で大金を失う。それがFXの怖さ。
最終話:敗北から得たものと今もFXを続けている理由

FX初心者はこちら

FXって何?という人はこちらから読んでみてください。

おススメ

カテゴリ

about

FXブログランキング


Copyright(c) FX初心者からの成功と失敗日記 All Rights Reserved