初心者はデイトレードから始めるべき?

FXに限らず、株式取引にしても、なんでもそうですが、経験をつむということは大切です。

というのは、言うまでもなく、経験をつめばつむほど、上達するものだから。

投資においても、勝てる投資家になるには、経験値は欠かせません。

なので、初心者のうちはあまり、勝とう・儲けようとはせず、なるべく「負けない」ような投資手法を選択すべきだと思っています。
最初のうちにハイリスク・ハイリターンのトレードをして、負けて、投資資金が底を突いてしまっては、経験をつむこともできなくなりますから。

で、一番、リスクが少ない取引手法というのは、自分が思うにデイトレード・短期売買だと思っています。もちろん、レバレッジは低めで。

初心者で投資手法を採用しようか迷っている場合は、上記の意味でも、まずはデイトレードでリスクの少ない取引から入るのが最適だと思います。

また、デイトレードには他にも長所があります。

以前、テレビでTOKIOの長瀬智也さん主演の「ビッグマネー」というテレビドラマがやってました(10年位前?)。確か石田衣良原作「波の上の魔術師」のテレビ化だったと思うのですが、そこで長瀬智也さんが演じる主人公は、伝説の相場師の弟子になるのですが、そのとき最初に課せられた課題が「デイトレードで一日10万円儲けるようになること」だったように思います(記憶が確かなら)。

僕もデイトレード派なのでわかるのですが、デイトレードはずっと取引画面やチャートとにらめっこの結構疲れる投資手法。

ただ、疲れはするものの、ずっとチャートをみているだけに気づくこともあります。例えば、100円とか110円とか節目を突破するときには、目に見える形で急に値動きが早くなったりします(これは逆指値の決済注文を巻き込む場合が多いため)。

また、チャートを見ていて、急に値動きが早くなったりすると「何があったんだ?」とニュースを確認。

どういうタイミングでどんなニュースが流れれば、どの程度のスピードで相場が動くか、あるいはその後どんな動きをするのか、などもだんだんですが、経験をつめばつむほどわかってきます(今はまだ少しですが)。

スワップ金利目的の長期投資の手法をとっている人は、あまりチャートを見ない傾向があるので、その分、上達のスピードも遅め。

それに結局、相場の「長期的な流れ」というのは、「短期的な流れ」がつながったもの。

そのつなぎ目、トレンドが変わる瞬間というのを感じるためには、やはりできるだけ長い時間チャートは見たほうがいいに決まってます。

そういう「早く一人前の投資家になる」ためのスピードという点においても、入門者が短期トレードから入るのは、結構理にかなっているような気がします。まあ、石田衣良さんは投資家ではありませんが(笑)。

もちろん、短期トレードの場合、自分のポジションと反対に急激に動きだしたりしたら、即ポジションをスクウェアにしましょう。そういう臨機応変の対応ができるのも、ずっとチャートを見続けているからこそできるというもの。

デイトレードは大変ですが、苦労なくして、大きな利益を得ることはできないものですから。

[投稿日:2008年09月11日]

どうしても勝てない人におすすめ

FX証券会社比較特集

最近の関連エントリー

PR

管理人プロフィール

1973年生まれの男。
2016年4月でFX9年目に突入。
2008年の大負け(300万)は、2014年10月でようやくチャラにすることができました(長かった……)。
こんなダメな奴でも必死に食らいついていれば、きっといつかは勝てる日が来る。それがFXの魅力だと思います。
現在、FXで月100万を目指して奮闘中です。

FX初心者の時の大惨事を今は何とか笑って振り返ることができるようになりました。まとめ記事を書きましたので、興味のある方はぜひ、読んで失笑してみてくださいw。

序:FXを始めてたった半年で300万円大負けした話まとめ
第1話:FXバーチャルトレードでの成績はあてにならない
第2話:「損小利大」だけではFXで勝つことはできない
第3話:損切りしない戦法で月10万以上稼げるようになるものの…
第4話:FX破産への近道それは「ナンピン」
第5話:損切りできないとたった一度の失敗で大金を失う。それがFXの怖さ。
最終話:敗北から得たものと今もFXを続けている理由

FX初心者はこちら

FXって何?という人はこちらから読んでみてください。

おススメ

カテゴリ

about

FXブログランキング


Copyright(c) FX初心者からの成功と失敗日記 All Rights Reserved