戦略を決める−スワップ金利か為替差益か

FXをやっている人は大きく分けて、スワップ金利派と為替差益派に分かれます。

なので、これからFXをはじめようという方は、このどちらに属するかを最初に決めておくほうが良いと思います。

なぜ最初かというと、どちらを選ぶかで、最適なFX会社が違うからです。

スワップ金利派はスワップ金利を高く設定してある会社を。為替差益派は、情報の充実さや取引システムの使いやすさを重視して取引会社を選ぶと良いでしょう(デイトレなら、なるべくスプレッドの狭い会社が良)。

ちなみに、スワップ金利派とは、言葉のとおり、スワップ金利を得る目的を主に、低金利通貨を売って、高金利通貨を購入する人のこと。こういうトレード手法のことをキャリートレードといって、ヘッジファンドなども採用する、安定的に利益を得るための手法と紹介されることが多いです。

逆に、為替差益派は、底で買って天井で売る、あるいは天井で売って底で買う、を目指し、頻繁に取引を繰り返す、いわば積極的・攻撃的な、あわよくば一攫千金をねらうような投資家のこと。

当然、短期間に大きく儲かることもあれば、それと同じくらい損するリスクも抱えています。

果たして、スワップ金利派と為替差益派はどちらが有利なのでしょう?

多分、FXトレーダー、100人にこの質問をすれば、きっと半々くらいになると思いますが、一応、管理人が現時点で、どういうふうに感じているかを書いておきます。

まず、スワップ金利派の長所と短所から。

ちなみにスワップ金利派の長所は毎日お金がもらえるということ(笑)。
単純だけど、これにつきるといいます。

スワップ金利派の代表的なエピソードとして、高金利通貨のロングを半年間保持しつづけ、一時為替差損が200万近くまで膨らんだものの、耐え忍び、結局、100万儲かった、といったもの。

為替相場はたいていの場合、上下動を繰り返して、結局元の位置に戻って来やすい、といった性質があります。

管理人の場合、2ヶ月前ほどにユーロ円を164円で買ったのですが、それが天井で、その後、急落。

−50銭ほどで損切りを行ったのですが、もしずっと持っていたら、先月ユーロはあがってきて、169円くらいになっているので、為替差益5円+2ヶ月分のスワップ金利をもらえたことになります(結構な値段です)。

しかし、一時、158円までさがっているので、購入金額にもよりますが、-6円分の為替差損に耐える必要があったことになります(しかも、もっと下がっていた可能性も…)。

もし高金利通貨を1万通貨購入し、毎日スワップ金利100円もらえると仮定します。そして、その通貨が今後10円ほど値下がりして、しばらくその水準からもどってこないとすると

為替差損は、-10万円、スワップ金利は1年で3万6千500円

なので、3年間損失のある状態に耐えれば、結局はプラスになります。もちろん、その後その通貨が上昇していれば、もっと儲かることになります(逆に下がれば、利益がでるまでにもっと年月がかかることに…)。

なので、まとめるとスワップ金利派の特徴として

1.たとえ、反対に相場が動いたとしても、年月を重ねれば、いつかは必ず利益が生まれる
2.相場が自分の理想どおりに動けば、スワップ金利に加えて、為替差益ももらえる
3.その反面、利益率・資金効率が悪く、一攫千金は難しい
4.さらに、各国の金利は常に変動するので、スワップ金利がいつまでも同じという保証はない

となります。

やはりスワップ金利を目的としたキャリートレードは、はっきりいって大もうけは難しいです(笑)。
年率10%もあれば、いいほうだと言われていています。

つまり投資資金が100万円しかない人なら年10万円稼げればいいほうということ。

スワップ金利派は、資金の多い人向け、の要素があると思います。

投資資金が1億円あるひとなら、年率10%でも1千万ですから(うらやましい…)。

資金の多い人が、レバレッジ1倍でFXをするなら、FXは外貨預金とほとんど同じ、というよりもはっきり言って有利なので、スワップ金利を目的にFXをやっている人は、その点に注目して、取引を行っているみたいです。

資金量の多いヘッジファンド等がこの手法を採用する傾向が強いのも、そのためなんでしょうね…。


ちなみに、資金のあまり多くない管理人は、当然ながら、為替差益派で、日夜一攫千金を目指してがんばっています。悲しいことに現時点では儲かってませんが(笑)。

なので、もし、一攫千金がなって、資金量が増えたあかつきには、スワップ金利派に転身したいと思っています。

やっぱりFXの最大の魅力はスワップ金利にあり!

少なくとも現時点で、管理人はそう感じています。

[投稿日:2008年07月06日]

どうしても勝てない人におすすめ

FX証券会社比較特集

最近の関連エントリー

PR

管理人プロフィール

1973年生まれの男。
2017年4月でFX10年目に突入。
2008年の大負け(300万)は、2014年10月でようやくチャラにすることができました(長かった……)。
こんなダメな奴でも必死に食らいついていれば、きっといつかは勝てる日が来る。それがFXの魅力だと思います。
現在もFXで月100万を目指して奮闘中です。

FX初心者の時の大惨事を今は何とか笑って振り返ることができるようになりました。まとめ記事を書きましたので、興味のある方はぜひ、読んで失笑してみてくださいw。

序:FXを始めてたった半年で300万円大負けした話まとめ
第1話:FXバーチャルトレードでの成績はあてにならない
第2話:「損小利大」だけではFXで勝つことはできない
第3話:損切りしない戦法で月10万以上稼げるようになるものの…
第4話:FX破産への近道それは「ナンピン」
第5話:損切りできないとたった一度の失敗で大金を失う。それがFXの怖さ。
最終話:敗北から得たものと今もFXを続けている理由

FX初心者はこちら

FXって何?という人はこちらから読んでみてください。

おススメ

カテゴリ

about

FXブログランキング


Copyright(c) FX初心者からの成功と失敗日記 All Rights Reserved