国債・債権市場とFX・為替相場の関係のまとめ

最近、よくFX関係のメルマガやブログで、「長期金利上昇でドル買い」とか今週は「米国債入札があるので注意」
なんて言葉をよく目にします。

僕自身、債権市場と為替との関係について、ことはわかっているようでよくわかっていないので、この際、いろいろ調べてみました。


忘れないように、まとめておきますので、ぜひ、ご参考に。

・国債とは国が発行する金融商品


・国債を買うとは、国にお金を貸すということと同義


・例えば、米10年債を100ドルで米国政府が発行したとしたとする。利回り5%保証で。


・投資家が米10年債を100ドルで購入すれば、10年後、100ドルが戻ってくると同時に毎年5ドルもらえる(つまり長期金利5%)


・でも、米国の信用が低下(カントリーリスクが上昇)している場合、米10年債100ドルの値段は債権市場で安く取引される(株やFXと一緒)


・結果、投資家が米10年債・額面金額100ドルを90ドルで購入できたとすると、90ドルの投資で毎年5ドルもらえる計算になる(もちろん、10年後は100ドルも戻ってくる。米国が破綻しない限り)


・結果、90ドルの投資で10年後、毎年の利息収入(インカムゲイン)計5×10ドル+売買差損益(キャピタルゲイン)100ドル-90ドル=10ドルの利益が確定


・利回り(長期金利)一年あたりの利回り6ドル÷90×100=6,67%。つまり長期金利は1,67も上昇している計算


・投資家は株、為替、国債、銀行定期預金、それぞれの長所、短所を考慮に入れて、投資先を決定している


・だから米国債の長期金利が上昇すると、米国債を購入したいという投資家が増える


・例えば日本の投資家が米国債を購入する場合、ドル買い円売りが起こる(ドルじゃないと買えないから)→為替相場におけるドル円上昇へ


・ただし、場合によっては、長期金利上昇イコール米国債の人気度低下(米国の信用低下などが主な原因)を意味するので、ドル売りにつながる場合もある


・つまり、米国債の長期金利と為替相場には絶対的な連動性はない。投資家の状況判断しだい


・が、現在は、長期金利上昇→米国債購入希望者増加→ドル買い、につながっている模様。


・だからFXトレーダーは米国や欧州の長期金利の変動に(少しは)注目しておく必要がある


債権にはいろいろ種類があって、各国の仕組みも微妙に違っていたりして、非常にややこしいのですが、できるだけj簡単にまとめると、こんな感じでしょうか(もし、間違ってたら連絡ください。ごめんなさい)。

話は続きますが、今週は米国や欧州の国債の入札が毎日のようにあるそうです。


入札好調→長期金利低下、入札不調→長期金利上昇、となって、為替相場に少なからず影響をもたらすので、要注意

と僕のメインの取引口座であるマネーパートナーズさんから毎日のように、メールが送られてきます(笑)。


普通は

入札好調(国債価格上昇&長期金利低下)→その国の信用度高い→その国の通貨買いへ


となるような気がするのですが、現在は逆の動きになっているので、そこが一番の要注意ポイント。


でも、長期金利の変動や、債権入札の結果等をどこでチェックしていいかわからないし、面倒なので、結局僕は興味ないんですけどね(笑)。


テクニカル分析でトレードやってる人が多いFXトレーダーには、あまり金利の話は関係ないのかもしれませんが、一応頭に入れといたほうが良いのかもしれません。

[投稿日:2011年01月12日]

どうしても勝てない人におすすめ

FX証券会社比較特集

最近の関連エントリー

PR

管理人プロフィール

1973年生まれの男。
2017年4月でFX10年目に突入。
2008年の大負け(300万)は、2014年10月でようやくチャラにすることができました(長かった……)。
こんなダメな奴でも必死に食らいついていれば、きっといつかは勝てる日が来る。それがFXの魅力だと思います。
現在もFXで月100万を目指して奮闘中です。

FX初心者の時の大惨事を今は何とか笑って振り返ることができるようになりました。まとめ記事を書きましたので、興味のある方はぜひ、読んで失笑してみてくださいw。

序:FXを始めてたった半年で300万円大負けした話まとめ
第1話:FXバーチャルトレードでの成績はあてにならない
第2話:「損小利大」だけではFXで勝つことはできない
第3話:損切りしない戦法で月10万以上稼げるようになるものの…
第4話:FX破産への近道それは「ナンピン」
第5話:損切りできないとたった一度の失敗で大金を失う。それがFXの怖さ。
最終話:敗北から得たものと今もFXを続けている理由

FX初心者はこちら

FXって何?という人はこちらから読んでみてください。

おススメ

カテゴリ

about

FXブログランキング


Copyright(c) FX初心者からの成功と失敗日記 All Rights Reserved