FX初心者が裁量トレードでは勝てない理由

FXで儲けるにはメンタルが大事。

いろんなところでよく耳にする言葉です。

最近、この言葉の意味を深く考えてみました。

なぜ、損切り貧乏になってしまうのか。
なぜ、塩漬けをしてしまうのか。
なぜ、当初の予定のポイントまで利益確定を待てないのか。


仮に10万通貨で取引した場合、100ポイント勝つと10万円ゲット。100ポイント負けると10万円を失います。
確率は、5割。

だから機械的にトレードできていれば、勝ち負けプラスマイナス0に限りなく近づくはずで、欲張らなければ大負けするなんてことはありえないんです。

では、なぜ、FXで大損する人が多数生まれるのか。
一言で言えば「儲けたいという欲望」に尽きるのでしょうが、もうひとつあると思います。

それは恐怖。

10万円買ったときの喜び<<<<10万円失ったときのショック


この一文がすべてを表しているような気がします。


10万円儲ける確率と10万円失う確率は同じ。

でも、心理的な影響の大きさには随分と差があるように思います。

僕も何度か一度のトレードで数万円失いましたが、そのたびに思います。

「この金で新しいPCでも買えばよかった」
とか
「この金で高級店のすしでも食いにいけばよかった」
などなど。


でも、10万円勝った時は、むしろうれしさよりも安堵感が強かったような気がします。
というより、それ以外得られていないかも。

なぜなら今日買っても明日負ければ無駄骨。時間と労力の無駄使い。

そういう恐怖がFXとレーダーには常に付きまとっているわけです(常勝トレーダーは違うのかもしれませんが)。

だから、FXをはじめて間もない人が、少しの損失に恐れて「損切り貧乏」になったり、あるいは損切りできずに塩漬けしてしまって、大量の損失を生んでしまうのは、ある意味必然なのかもしれません。


負けることになれること。

これが恐怖に打ち勝つ唯一の方法だと思いますが、何度も言うけど「恐怖に打ち勝ったところで勝率5割」に戻るだけ。

できるだけ損失を生まずに「損失になれる」という、一見矛盾した過程を通らなければ、FX上級者にはなれないってことなのだと思います。

だって損失に慣れる前に、ほとんどの人はFXをやめるでしょうから(笑)。

結論として「FX初心者に裁量トレードは向かない」と思います。

だからといってシステムトレードや気絶トレードは難しい(笑)。

結局、初心者がFXで儲けるのは難しいってことなんですね、きっと。

もしこれからFXをはじめようって人はいきなりシステムトレードの勉強から入ったほうが、将来的には儲かるような気がします。

[投稿日:2010年12月13日]

どうしても勝てない人におすすめ

FX証券会社比較特集

最近の関連エントリー

PR

管理人プロフィール

1973年生まれの男。
2017年4月でFX10年目に突入。
2008年の大負け(300万)は、2014年10月でようやくチャラにすることができました(長かった……)。
こんなダメな奴でも必死に食らいついていれば、きっといつかは勝てる日が来る。それがFXの魅力だと思います。
現在もFXで月100万を目指して奮闘中です。

FX初心者の時の大惨事を今は何とか笑って振り返ることができるようになりました。まとめ記事を書きましたので、興味のある方はぜひ、読んで失笑してみてくださいw。

序:FXを始めてたった半年で300万円大負けした話まとめ
第1話:FXバーチャルトレードでの成績はあてにならない
第2話:「損小利大」だけではFXで勝つことはできない
第3話:損切りしない戦法で月10万以上稼げるようになるものの…
第4話:FX破産への近道それは「ナンピン」
第5話:損切りできないとたった一度の失敗で大金を失う。それがFXの怖さ。
最終話:敗北から得たものと今もFXを続けている理由

FX初心者はこちら

FXって何?という人はこちらから読んでみてください。

おススメ

カテゴリ

about

FXブログランキング


Copyright(c) FX初心者からの成功と失敗日記 All Rights Reserved