2011年3月の雇用統計スキャルは辛勝!

昨日3月4日の雇用統計の結果は、先月に引き続きまちまちな結果になりました。

2月失業率が予想9,1%に対し8,9%と若干良い数字になったのに対し

2月非農業部門雇用者数変化は予想の+19,6万人に対し+19,2万人と少し悪い数字(というかほぼ予想通り)。


失業率と非農業者部門雇用者数はどちらかというと後者のほうが重要視されているためか、予想通りの結果に、発表直後は若干、マーケットはどちらに動くべきか、少しタイムラグがあった模様です。

が、失業率が改善していることから、その後ドル円は一気に83円台へ。


当方のその時点でドル円ロングで参入! さあ、あがれ!


と思ったらそこが天井でした……。

で、82,80あたりで途転ショート。結果、82,40あたりでリカクすることができて、なんとかプラスで終えることができました。

前回も失業率と非農業者部門雇用者数の結果はまちまちでしたが、その時は失業率が予想よりも良かったから、という理由でマーケットは一時上昇した後、結局は下落基調になりました。


今回も似たような動きだったのですが、今回のドル円下落要因はどうも雇用統計発表直後に起きた米金利の反落が原因だった模様です。
その後、株価も下がっています。

非農業部門雇用者数変化は、改善が予想されていたので、その反動なんでしょう。


加えて前日、トリシェECB総裁がユーロの利上げを示唆。第1回目は来月4月らしい(予想)。しかも今年中に3,4回利上げすると予想されています。

そのためユーロ買いが圧力も相当あって、ユーロドル買いにつながり、ドル円を押し下げた、ともいえます。


今週初めの「ユーロ・ドル、ダブルトップ形成でうはうは」の期待は、どうやら夢で終わりそう……。


果たして来週はドル買いなのかユーロ買いなのか。全く予想できません(汗)。

まあ、こういう場合、動いたほうについていく、というのが正解なんでしょう。


正直ドル買いでもユーロ買い、どっちでもいいのです(笑)。大きく動いてさえくれれば。


あ、ちなみに、今回もマネーパートナーズさん、ドル円のスプレッド常時1,2銭のままでした。ポンド円とかは30銭くらいに広がっていましたがw。


このままドル円のスプレッドは動かさないんでしょうか。約定拒否なし&スリッページなしとあわせると、かなりサービスしすぎな気がしますが……。


まあ、おかげで今回損せずに済んだので、素直に喜ぶことにしときます。

[投稿日:2011年03月05日]

どうしても勝てない人におすすめ

FX証券会社比較特集

最近の関連エントリー

PR

管理人プロフィール

1973年生まれの男。
2017年4月でFX10年目に突入。
2008年の大負け(300万)は、2014年10月でようやくチャラにすることができました(長かった……)。
こんなダメな奴でも必死に食らいついていれば、きっといつかは勝てる日が来る。それがFXの魅力だと思います。
現在もFXで月100万を目指して奮闘中です。

FX初心者の時の大惨事を今は何とか笑って振り返ることができるようになりました。まとめ記事を書きましたので、興味のある方はぜひ、読んで失笑してみてくださいw。

序:FXを始めてたった半年で300万円大負けした話まとめ
第1話:FXバーチャルトレードでの成績はあてにならない
第2話:「損小利大」だけではFXで勝つことはできない
第3話:損切りしない戦法で月10万以上稼げるようになるものの…
第4話:FX破産への近道それは「ナンピン」
第5話:損切りできないとたった一度の失敗で大金を失う。それがFXの怖さ。
最終話:敗北から得たものと今もFXを続けている理由

FX初心者はこちら

FXって何?という人はこちらから読んでみてください。

おススメ

カテゴリ

about

FXブログランキング


Copyright(c) FX初心者からの成功と失敗日記 All Rights Reserved