2011年10月7日の雇用統計スキャルピングはプラス3,4pips

2011年10月7日金曜日のトレード記録。


本日は月に一度の一大イベント雇用統計!
いつものように、マネーパートナーズさんで雇用統計スキャルピングに挑戦しました。


マネーパートナーズさん、最近、どんどんスプレッドが狭くなってきていて、今日はドル円スプレッド0,9銭。
しかも、雇用統計発表時の乱高下にも、一切スプレッドが開かず、でした。


で、肝心の雇用統計の結果ですが

米9月非農業部門雇用者数が10,3万人増(予想は5,5万人増)

米9月失業率が9,1%(予想は9,1%)


非農業部門雇用者数変化が予想よりも良い結果になったため、発表直後、ドル円は、76,60銭付近から、一気に76,90銭付近まで大ジャンプしました。


一瞬、反応が遅れましたが、すかさずドル円売りエントリー。

21時30分10秒、と発表からわずか10秒後に、約定レート76,859銭でエントリーが完了。


この時点では、かなりいいエントリーが出来たと思っていました。

というのも事前の予想では


雇用統計でいい結果が出ても、悪い結果が出ても、77円〜76円の間からでることはない


と思っていたからです。


つまり、天井で売ることが出来たはず……。


サプライズもなく、マーケットの予想通り、雇用統計の数値は改善されていました。

従って、この後、76円80銭から76円70銭辺りでしばらく落ち着くだろう。

そんな感じの予想でした。


で、最初の予想はあたり、一度76,90銭まで大ジャンプしたドル円は76,80銭あたりまですぐさま下降。


あっという間に4pipsくらいの利益が出ました。

結論から言うと、この時に、決済しておくべきでした……。


というのも、当方のトレードスタイルはスキャルピング。超短時間トレードです。

五分以内のトレードで5pipsくらい抜けたら御の字。

そういう戦術です。


が、76,70銭くらいまで下がる。つまり、15pipsくらい抜けると思っていたので、決済のタイミングが遅れてしまいました……。


しかも、その後ドル円は再び、76,90銭まで上昇を見せるなど、なかなか下がらないw。


どうもユーロドルのチャートを見てもユーロが買われている様子。


ということは雇用統計の結果を楽観視した円売り、ドル売り(ただし円売り圧力のほうが強い)という展開。


この展開は予想していたのですが、落ち着くと思っていた値位置が、予想よりも少し高かった。

結果、30分ほど我慢した挙句、21時59分13秒に


76,825銭で、買い決済。プラス3,4pips。


勝つには勝ちましたが、およそ25分くらい、無駄な時間を過ごしてしまいました。


やっぱり、スキャルピングは5pipsくらいで、あまり高望みせず、こまめに決済したほうが良いですね、ほんと。


特にドル円のような動意の少ない通貨では尚更だと、改めて痛感しました。


それにしても、ドル円、動かないですね。スプレッド狭まっている恩恵があまり受けれない……。

[投稿日:2011年10月07日]

どうしても勝てない人におすすめ

FX証券会社比較特集

最近の関連エントリー

PR

管理人プロフィール

1973年生まれの男。
2017年4月でFX10年目に突入。
2008年の大負け(300万)は、2014年10月でようやくチャラにすることができました(長かった……)。
こんなダメな奴でも必死に食らいついていれば、きっといつかは勝てる日が来る。それがFXの魅力だと思います。
現在もFXで月100万を目指して奮闘中です。

FX初心者の時の大惨事を今は何とか笑って振り返ることができるようになりました。まとめ記事を書きましたので、興味のある方はぜひ、読んで失笑してみてくださいw。

序:FXを始めてたった半年で300万円大負けした話まとめ
第1話:FXバーチャルトレードでの成績はあてにならない
第2話:「損小利大」だけではFXで勝つことはできない
第3話:損切りしない戦法で月10万以上稼げるようになるものの…
第4話:FX破産への近道それは「ナンピン」
第5話:損切りできないとたった一度の失敗で大金を失う。それがFXの怖さ。
最終話:敗北から得たものと今もFXを続けている理由

FX初心者はこちら

FXって何?という人はこちらから読んでみてください。

おススメ

カテゴリ

about

FXブログランキング


Copyright(c) FX初心者からの成功と失敗日記 All Rights Reserved