気絶トレードとシステムトレード

FXで勝ち続けるためには、強い自己メンタルコントロールが必要です。

ある程度、FXを経験した人なら、初心者でも実感していることだと思います。
このブログでも散々書いた覚えもあるし。

ただ、実行に移すのが難しい。

例えば自分のルールに従ってトレードしようと思って、指値、逆指値を指定していたにもかかわらず、

・利益が乗ると、相場の反転を警戒するあまり、つい指値に達するまでに決済してしまう。
・逆指値ラインにチャートが近づくと、相場の戻りを期待するあまり、ラインを広げてしまい、結果、損失拡大。

などなど、負け組みとレーダーにはよくある話。

為替相場の動きは上がるか下がるか、確率は2分の1。プロの為替ディーラーでも勝率は良くて6割弱。
だから仮に指値と逆指値の幅を同じにして100回トレードすれば、損得0に限りなく近づき、どんな相場オンチでも大負けすることはないはず…。

以上のことは誰もが頭ではよく判っているにもかかわらず、これがなかなか実行に移せないんですよね。

人間の弱い心を取り除いて、きわめて機械的にトレードすることの出来る人がいたら、その人はきっと心臓に毛がはえてるのでしょう(笑)。

だから機械的なトレードの実現方法として、多くの上級者(FX勝ち組)はシステム・トレードを実践している模様。
でも、これもシステム構築等にPCスキルが必要で、初心者には敷居が高い。

そこでよく某巨大掲示板等でよく目にするのが「気絶トレード」という言葉。
ポジションを持って、指値と逆指値を指定したら、後は気絶して待て! っていう意味らしい(笑)。

まあ、半分ネタなんでしょうけど、これが実践できたら、きっとFXで大損することってないんでしょうね。

やはりFXで勝つか負けるかの境界線はメンタル的なものが一番なのかな、って思う今日この頃です。

[投稿日:2010年11月29日]

どうしても勝てない人におすすめ

FX証券会社比較特集

最近の関連エントリー

PR

管理人プロフィール

1973年生まれの男。
2016年4月でFX9年目に突入。
2008年の大負け(300万)は、2014年10月でようやくチャラにすることができました(長かった……)。
こんなダメな奴でも必死に食らいついていれば、きっといつかは勝てる日が来る。それがFXの魅力だと思います。
現在、FXで月100万を目指して奮闘中です。

FX初心者の時の大惨事を今は何とか笑って振り返ることができるようになりました。まとめ記事を書きましたので、興味のある方はぜひ、読んで失笑してみてくださいw。

序:FXを始めてたった半年で300万円大負けした話まとめ
第1話:FXバーチャルトレードでの成績はあてにならない
第2話:「損小利大」だけではFXで勝つことはできない
第3話:損切りしない戦法で月10万以上稼げるようになるものの…
第4話:FX破産への近道それは「ナンピン」
第5話:損切りできないとたった一度の失敗で大金を失う。それがFXの怖さ。
最終話:敗北から得たものと今もFXを続けている理由

FX初心者はこちら

FXって何?という人はこちらから読んでみてください。

おススメ

カテゴリ

about

FXブログランキング


Copyright(c) FX初心者からの成功と失敗日記 All Rights Reserved