勝ち組為替ディーラーの共通点

FXプライムの人気コンテンツ「井戸端会議」。

ここでは伊藤忠商事の現役為替ディーラーの日記というか雑談、ポジション、相場観等が見れるのですが、これを毎日読んでいると、勝ち組為替ディーラーに共通しているものがなんとなく見える気がします。

以下、井戸端会議を読んでいて思ったことです。

■その1.みんな言うことバラバラ(笑)

FX初心者の頃は「今日ののドル円はこれから上がるのか下がるのか」等を知りたくて井戸端会議を含め、いろいろなカリスマFXブロガーのブログを見たりしたのですが、みんな相場観は見事にバラバラ。
一体どっちに動くんだ? って気分によくなりました。

が、そんな相場観がバラバラの人たちが、不思議と全員、FXで儲けていらっしゃるらしい(FXブロガーはハッタリの可能性もあるけど、為替ディーラーは負けたら一年でクビらしいので、勝ってるのは確実)。

FXで勝つのに、あまり相場観は重要ではないのかも、と思えてなりません。プロの勝ち組ディーラーでも勝率は5割前後と言われてますしね。

■その2.為替ディーラーは集中力が違う

為替ディーラーは常にポジションを持たねばならないそうです。
「為替ディーラーはポジションを持つのが仕事」とか。

ポジションを持たずにチャートを見ているだけだと上司に「サボっている」とみなされるそうです。
だから必ず常にポジションを持っている。

「エントリーポイントを吟味して、勝てそうなとき以外はエントリーするな!」 といろんな人が言っていますが(僕もそう思っている)、プロは違うってことですね。

それと常にポジションを持つことにはもう一つの意味があるとか。

それは「ポジションを持った状態でチャートを眺める」のと「ポジションを持たずにチャートを眺める」のとでは緊張感が違うとのこと。

つまり集中力の問題。だた呑気にチャートを眺めていても、いつまでたってもFXは上達しないってことなんでしょうか。

常に極限の緊張状態に自分を置き続けることで、メンタルを鍛えつつ、集中力して常に相場と相対することで得られる経験も多くなる。

遊びで為替取引やってんじゃないんだよ! って気迫が井戸端会議を読んでると、よく伝わってきます。

ただ、一般トレーダー、特に副業でFXをやっている人は絶対真似できませんが(笑)。

■その3.勝つときと負ける時の金額の差がすごい!

井戸端会議にはいろんなディーラーさんがいていろんなことを書いているのですが、全員自分の相場観を信じてトレードしているのが良くわかります。

絶対今後ユーロは下がる→ユーロドルショート→ユーロドル上昇→損切り→次の日もユーロドルショート→損切り→でもユーロドルショート→損切り→ユーロドルショート→ようやくユーロ下がりだす→利益確定…ではなく売り増し!→さらに下がる→さらに売り増し→下げの勢いが止まりだす→半分だけリカク→再びユーロドル下がりだす→再び売り増し→結果1勝3敗も、利益幅は損失幅の10倍!

なんてのを読んだことがあります(一見すると損切り貧乏のようですが、似て非なるもの)。

勝ち組為替ディーラーは、追っかけ、トレールなどを使って「利益は最大限に取る」を必ず実践されている様子。

「1回の勝ちで数回分の負けがチャラになりました」なんて台詞もよく目にします。

損小利大は、勝ち組FXトレーダーの共通点なのですが、やはりプロもそういう手法(追っかけやトレール注文)を最大限に利用して、損小利大を実現しているのがよくわかります。

勿論、自分の相場観に自信がなければ、なかなか実行には移しにくいんですけどね。

■その4.で、結局何がわかったかというと…。

これは自論なのですが、結局「自分の相場観をしっかり持ってトレードすることが大切」だけど「その相場観が必ずしも正しいものである必要はない」ということなのだと、思っています。

結局、相場観なんて人それぞれ。プロの常勝・勝ち組為替ディラーですらその時によって言うことがバラバラなわけですから。

判り易く言うと「明日のドル円が上がるか下がるか」なんてコイントス(的中率5割)とかで決めても、プロのディーラーさんは利益をあげれるのではないか?ってことです。

大切なのは「自分を信じぬく強いメンタル」と経験から得た「的中率5割を若干上回る相場観」と「損小利大を実現するための様々なトレード・テクニック」、そして何よりも勝利に対する執念というか気迫。

勝ち組為替ディーラーってのは以上のようなものを共通して持っているような気がします。

松田哲さんいわく「相場にうまい奴はいない。相場に強い奴ならゴロゴロいる」だそうです。

[投稿日:2010年11月28日]

どうしても勝てない人におすすめ

FX証券会社比較特集

最近の関連エントリー

PR

管理人プロフィール

1973年生まれの男。
2016年4月でFX9年目に突入。
2008年の大負け(300万)は、2014年10月でようやくチャラにすることができました(長かった……)。
こんなダメな奴でも必死に食らいついていれば、きっといつかは勝てる日が来る。それがFXの魅力だと思います。
現在、FXで月100万を目指して奮闘中です。

FX初心者の時の大惨事を今は何とか笑って振り返ることができるようになりました。まとめ記事を書きましたので、興味のある方はぜひ、読んで失笑してみてくださいw。

序:FXを始めてたった半年で300万円大負けした話まとめ
第1話:FXバーチャルトレードでの成績はあてにならない
第2話:「損小利大」だけではFXで勝つことはできない
第3話:損切りしない戦法で月10万以上稼げるようになるものの…
第4話:FX破産への近道それは「ナンピン」
第5話:損切りできないとたった一度の失敗で大金を失う。それがFXの怖さ。
最終話:敗北から得たものと今もFXを続けている理由

FX初心者はこちら

FXって何?という人はこちらから読んでみてください。

おススメ

カテゴリ

about

FXブログランキング


Copyright(c) FX初心者からの成功と失敗日記 All Rights Reserved