外貨崩落でクロス円はどこまで下がるのか?

ここ2,3ヶ月のクロス円の下落の激しさにはすさまじいものを感じます。

ここで、ここまでクロス円が下落するに至った理由をまとめてみると

1・もともと円キャリートレードなどで歴史的な円安の状態にあった
2・原油価格に代表される商品先物価格が異常に上昇していた
3・サブプライムローンから始まった金融不安が米国から他国へ飛び火しつつあった
4.日本は比較的サブプライムローンの損失が少なかった

という以上の4つが、最悪の形で?合わさったことにあるようです。

3、4はFXをやっている人なら、ほとんどの人が知っているとは思いますが、実は1や2も非常に関係があるとのことです。つまりこういうことです。

サブプライムローン問題から米国への信用不安が募りドル安へ→ファンド筋をはじめ、原油価格に大量の資金が流れ込む(バブル発生)→バブルがはじけ、原油価格が急落、ドル高へ→ドル高の結果、ユーロ円、豪ドル円などの上値が重くなった→徐々にクロス円の売りが強まり始めた→原油価格急落で損失を追ったファンド筋はその穴埋めにこれまで利益の出ていた円キャリートレードの利益確定売りを始める(つまり円買いで円高に向かう)→同時に米国財務省やFRBがひた隠しにしていた?金融危機が発覚、世界中にリスク回避の円買いの動きが強まる

しかも、今後は世界の景気悪化により原油等、商品先物価格はさらに下落、各国政策金利引下げを行いやすくなるのだとか。

しかも、原油価格への行き過ぎた投資で損失を負ったファンド等が今後破綻等を起こす可能性もあり、そうなると、持っている為替のポジションもスクウェアに。もしそれがスワップ金利目当てのポジションなら更に円高につながることになります。

以上のことは外貨崩落 生き残る人は知っているもう1つのシナリオ ~FX、外貨預金、外貨投資信託 崩壊 円キャリー・トレードという本で数ヶ月前にすでに読んでいたのですが、まさか本当になるとは当時は思いもしませんでした。というか、あまり深く考えていなかった(笑)。

あまり僕はFX取引において、人の言うことは聞かないことにしています。
というのも、おなじ為替ディーラーでもいうことがまちまちでかえって自分の判断の邪魔になると思っていたからなのですが、よくよく思い返せば、今回の円高はかなりの数の現役・元為替ディーラーが予見していたように思います。

ただ、スワップ金利が気になり、クロス円の売りを行う気にはなれなかった。

もう、大反省です、ほんと(笑)。

やはり小さな損失を恐れていては大きな利益は得られない、ということなのでしょう。どんなビジネスにおいても多少のコストは伴うもの。そういう感覚のなさが今回の大チャンスを逃してしまう結果になったのですから。

いまさら言っても仕方ないのですが(笑)、今後のためにもぜひ今回のことは教訓にしたいものです。

ただ、クロス円・ドル円はまだまだ下がる可能性があるので、もしかするとまだチャンスがあるかも…。

[投稿日:2008年10月07日]

どうしても勝てない人におすすめ

FX証券会社比較特集

最近の関連エントリー

PR

管理人プロフィール

1973年生まれの男。
2016年4月でFX9年目に突入。
2008年の大負け(300万)は、2014年10月でようやくチャラにすることができました(長かった……)。
こんなダメな奴でも必死に食らいついていれば、きっといつかは勝てる日が来る。それがFXの魅力だと思います。
現在、FXで月100万を目指して奮闘中です。

FX初心者の時の大惨事を今は何とか笑って振り返ることができるようになりました。まとめ記事を書きましたので、興味のある方はぜひ、読んで失笑してみてくださいw。

序:FXを始めてたった半年で300万円大負けした話まとめ
第1話:FXバーチャルトレードでの成績はあてにならない
第2話:「損小利大」だけではFXで勝つことはできない
第3話:損切りしない戦法で月10万以上稼げるようになるものの…
第4話:FX破産への近道それは「ナンピン」
第5話:損切りできないとたった一度の失敗で大金を失う。それがFXの怖さ。
最終話:敗北から得たものと今もFXを続けている理由

FX初心者はこちら

FXって何?という人はこちらから読んでみてください。

おススメ

カテゴリ

about

FXブログランキング


Copyright(c) FX初心者からの成功と失敗日記 All Rights Reserved