勝者の条件−FXは所詮はギャンブルだと理解する

FXを始めて数ヶ月経ちますが、この数ヶ月の間にわかったことがあります。

それはFXで勝てる人というのは、自分の能力や勘というものに、すごい自信のある人が多い、ということ。単に頭が良い、というのとは別次元のところに勝者の条件は存在するのではないか、と感じることが多いです。

FXプライムなどでは情報コンテンツとして為替ディーラーの生の実況中継のようなものがあるのですが、勝っているディーラーの人ってかなり強気な人が多い印象を受けます。そして負けてもケロッとしている(ように見える)。

以前、聞いたことのある投資家の資質として

1.真面目であること(過去のデータ分析が大事なため?)
2.負けることを覚悟できる人(メンタルコントロールの出来る人)

の2つが重要らしいのですが、1はともかく2は実際にFX取引をやってみて、強く実感として感じることができます。

FXで成功した人もほぼ全員がメンタルコントロールの難しさを語っていますが、実際に経験者の立場になってみて、初めてわかったような気がします(デモトレードでは絶対にわかりません)。

所詮、FXはギャンブル。負けることを恐れていては大きく勝つことはできません。
また、ギャンブルだという認識のない人(頭の良い人に多いらしい)も、負けを許容できないため、あまり投資家に向かないそうです。

もちろん、ギャンブルといえども、過去のデータ分析やメンタルコントロールによって、勝つ確率を上げることはできます。

そしてそれこそがFXで勝つための必須条件であるように思います。

特に2のメンタルコントロールができるかできないかは大きいです。
1のデータ分析は自分でやらなくても取引口座の情報や各FXブログ、メルマガなどで得られますからね。

実際にFX負け組みである僕も予想だけは50%以上の確率で当たります。
なぜなら、いろんな人の予想をいろんなところで聞いているわけですから、まあ、当然といえば当然でしょう(笑)。

でも勝てないのはやはりメンタルコントロールが全く持ってダメだからなのでしょうね…。

そういう意味でもやはり余裕資金で取引するというのが正解なのでしょうけど、その余裕資金があまりないのがつらい(笑)。

[投稿日:2008年10月09日]

どうしても勝てない人におすすめ

FX証券会社比較特集

最近の関連エントリー

PR

管理人プロフィール

1973年生まれの男。
2017年4月でFX10年目に突入。
2008年の大負け(300万)は、2014年10月でようやくチャラにすることができました(長かった……)。
こんなダメな奴でも必死に食らいついていれば、きっといつかは勝てる日が来る。それがFXの魅力だと思います。
現在もFXで月100万を目指して奮闘中です。

FX初心者の時の大惨事を今は何とか笑って振り返ることができるようになりました。まとめ記事を書きましたので、興味のある方はぜひ、読んで失笑してみてくださいw。

序:FXを始めてたった半年で300万円大負けした話まとめ
第1話:FXバーチャルトレードでの成績はあてにならない
第2話:「損小利大」だけではFXで勝つことはできない
第3話:損切りしない戦法で月10万以上稼げるようになるものの…
第4話:FX破産への近道それは「ナンピン」
第5話:損切りできないとたった一度の失敗で大金を失う。それがFXの怖さ。
最終話:敗北から得たものと今もFXを続けている理由

FX初心者はこちら

FXって何?という人はこちらから読んでみてください。

おススメ

カテゴリ

about

FXブログランキング


Copyright(c) FX初心者からの成功と失敗日記 All Rights Reserved