バーナンキ発言でドル売り一服?

08年7月16日の外為相場。

全体的に昨日の流れを引き継ぎ、ドル円、クロス円ともに軟調な展開から。

でも、大きな動きはなし。みんな様子見なのだろう、きっと。

日経平均株価前日比-73.39で前場引け。

スティーブンス豪中銀総裁が「CPI(消費者物価指数)が低下する前に利下げを」などと発言したものだから、豪ドル円、急落へ。101円半ばまで落ちた。昨日買わなくて良かった…。

ユーロ円165円台へ。6月13日以来の165,79円まで。

結局日経平均株価は前日比+6.24と小幅の上げで取引終了。

欧州勢参加で、ドル売り活発。
6/3以来となる安値103.92円。ポンド円も連れ安で1ヶ月ぶりとなる208.48円まで下げる展開に。

さらに2,3時間の間に、ドル円は5月27以来の103.77円、ポンド円の208.29円は6月9日以来。
ユーロ円も6月9日以来の安値に。どこまで下がるのか?といった様子。

が、NY時間に入ると、ドル買い活発。
104円台半ば、ユーロ円も連れ高で165円台へ。

ちなみに、米経済指標、消費者物価指数、対米証券投資、鉱工業生産、設備稼働率などがたてつづけに発表されたが、反応は薄い模様。

さらに、NY原油先物が前日比5ドル安の133ドル台へ下落したため、NYダウは前日比100ドル高へ。
また、バーナンキFRB議長の「為替介入が正当化される条件はあるかもしれない」などといったお得意の口先介入により、ドル円は105円近くまで、ユーロ円は165,85、ポンド円も210円台へ乗せる展開に。

当然、朝下げた豪ドルも102円台へ復活ときている。

NYダウは+180ドル→220→250と徐々に上げ幅を広大。特に金融株が買われている様子。
S&P金融株指数は過去最大に上げ幅を記録したらしい。
結局、NYダウは、前日比+276,74ドルの大幅高で終了。

これを好感して、ドル円105円、ユーロ円166円へ

なんかFOMC議事録(6.24−25)が公表され、次回の利上げの可能性が高いといった発言もあったらしいですね。

今日一日の動きをドル円中心にまとめると

昨日からの金融不安から東京時間は様子見。欧州勢参加で104円から103円台へ。
が、その後の経済指標発表をにらみ、利食いで、104円台へ調整。
NY時間に原油先物価格が大幅続落&バーナンキ議長の口先介入により、金融株を中心にNYダウ大幅アップで、ドル円105円台へ。ユーロ円166円台へ連れ高に、って感じでしょうか。

これで明日はまたしてもドルが買われる展開になるのでしょうか?なんかこの2、3ヶ月、似たような展開が繰り返されているような…。

[投稿日:2008年07月17日]

どうしても勝てない人におすすめ

FX証券会社比較特集

最近の関連エントリー

管理人プロフィール

1973年生まれの男。
2018年4月でFX11年目に突入。
2008年の大負け(300万)で一度は死にかけましたが、気づいたらもう10年前……。
こんなダメな奴でも必死に食らいついていれば、きっといつかは勝てる日が来る。それがFXの魅力だと思います。
現在もFXで月100万を目指して奮闘中です。

FX初心者の時の大惨事を今は何とか笑って振り返ることができるようになりました。まとめ記事を書きましたので、興味のある方はぜひ、読んで失笑してみてくださいw。

序:FXを始めてたった半年で300万円大負けした話まとめ
第1話:FXバーチャルトレードでの成績はあてにならない
第2話:「損小利大」だけではFXで勝つことはできない
第3話:損切りしない戦法で月10万以上稼げるようになるものの…
第4話:FX破産への近道それは「ナンピン」
第5話:損切りできないとたった一度の失敗で大金を失う。それがFXの怖さ。
最終話:敗北から得たものと今もFXを続けている理由

FX初心者はこちら

FXって何?という人はこちらから読んでみてください。

おススメ

カテゴリ

about

FXブログランキング


Copyright(c) FX初心者からの成功と失敗日記 All Rights Reserved