GSE(米政府系住宅金融機関)の破綻懸念でドル円急落

7.11相場

日経平均株価、−39.25円でスタート。

ユーロ円は169,29円をマーク。ドル円107円、豪ドル円103円付近で動かない…。

加ドル円、20時発表の雇用統計の悪化を受け、106円から105.36へ。その後105円われ。
まあ、来週には定位置の105円台へ戻っているような気がしますが…。

21時前、ドル円急落106,50割れの状態へ。10分足らずの間に何が起こったのか?
なんでも、イスラエル空軍がイラク上空で演習をおこなったとの報道があったそうだが…。
アメリカも大変ですね…。

おまけに、原油価格は時間外取引で、最高値145.98ドルを記録。

ドル円、下げとまらないようです。さらにたつこと10分、今度は106台割れの直前まで急降下。

20分くらいの間に1円下げたことになります。完全に乗り損ねた…。

その後、21時30分に米・5月貿易収支、6月輸入物価指数の発表があったのですが、貿易収支は赤字減、物価指数は上昇となんともいえない結果に。で、もちろん、ドル円の反応はほとんどなし。

と思ったら、またしてもドル円急降下。今度は105,65円まで。

でも、さすがにこれが底?らしく、23時発表のミシガン大学消費者信頼感指数を見据えての利食いが入ってたのか、106円台復活。あわただしい…。

ただし、ミシガン大学消費者信頼感指数の結果には無反応だったが。

ちなみにNY原油先物は147ドルへ。

いったい、今日のドルの売られ方の背後は何?って思っていたのですが、どうやら米政府系住宅金融機関(GSE)の破綻懸念があったとか。

バーナンキFRB議長お得意の口先介入「GSEも連銀の窓口貸付の対象になりうる」といった発言から、ドル円は106,60円まで戻したが、結局、106.20円まで戻っている。

ファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)とフレディ・マック(連邦住宅貸付抵当公社)って最近になってよく聞く名前ですが、破綻のうわさがあるらしく、これらが破綻すると、サブプライムローン以上の金融混乱を招く恐れがあるとか。

やっぱり来週はドルは売りってことですか。そうですか。

ちなみに、NYダウは11000ドル割れ間近。原油、ユーロ円、ユーロドルともに、史上最高値を更新。

[投稿日:2008年07月12日]

どうしても勝てない人におすすめ

FX証券会社比較特集

最近の関連エントリー

管理人プロフィール

1973年生まれの男。
2018年4月でFX11年目に突入。
2008年の大負け(300万)で一度は死にかけましたが、気づいたらもう10年前……。
こんなダメな奴でも必死に食らいついていれば、きっといつかは勝てる日が来る。それがFXの魅力だと思います。
現在もFXで月100万を目指して奮闘中です。

FX初心者の時の大惨事を今は何とか笑って振り返ることができるようになりました。まとめ記事を書きましたので、興味のある方はぜひ、読んで失笑してみてくださいw。

序:FXを始めてたった半年で300万円大負けした話まとめ
第1話:FXバーチャルトレードでの成績はあてにならない
第2話:「損小利大」だけではFXで勝つことはできない
第3話:損切りしない戦法で月10万以上稼げるようになるものの…
第4話:FX破産への近道それは「ナンピン」
第5話:損切りできないとたった一度の失敗で大金を失う。それがFXの怖さ。
最終話:敗北から得たものと今もFXを続けている理由

FX初心者はこちら

FXって何?という人はこちらから読んでみてください。

おススメ

カテゴリ

about

FXブログランキング


Copyright(c) FX初心者からの成功と失敗日記 All Rights Reserved