ポンド円急落。トレンドはやはり円買い

08年11月13日木曜日の外国為替相場の動き。

昨夜から今日ここまでのまとめとして

・昨夜のNYダウは前日比-411,30ドルの大幅安。
・ドル円、クロス円急落。ポンド円は10円近く円高に。
・本日オセアニア時間、豪中銀が再度介入を行った模様
・日経平均株価、前日比-456,87円の大幅安。
・独・第3四半期GDPは予想よりも悪く、欧州時間ユーロ売り強まる
・夕方頃、ポンドドル、6年半ぶりの安値をつける
・ポンド、対ユーロで連日の史上最安値更新

昨夜はNYダウ先物が堅調だったことから、NYダウも堅調に。そしてクロス円も上昇、と予想したのですが、大はずれとなりました。

特に反発を期待して、ポンド円買ってみようかな、などと思っていたのですが、なんとそのポンド円は10円近く値を下げる展開になったようで、本当に買わなくて良かったです(笑)。

さて、企業の業績悪化で、ここ最近落ち着きを取り戻しつつあった株式市場が再び軟調な展開になりつつありますが、やはり、為替にも影響は大で、再びリスク回避の円買いが強まりつつある感じがします。

朝型、豪中銀がまたしても自国通貨買いの介入を行ったそうですし、昨夜の急落がすごかったため、今日はショートカバーが優勢となって、クロス円、ドル円は今のところやや堅調に推移しています。

が、16時発表の独・GDPが予想よりも悪化、4年ぶりの独経済のリセッションが示されたことが嫌気され、一時的にユーロ売りが強まったり、

また、榊原元財務官がユーロ円の110円割れ、ドル円90円割れについての発言を行っているみたいです(この人は悲観的な発言が多いですが)。

それと、昨日の書いたのですが、今日もポンドが対ユーロでの史上最安値を更新したように、英国の経済悪化懸念はどうも深刻そう。

こういう風に見ると、やはりトレンドはまだまだ円買い・ドル買いが続いているのでしょう。

ドル円80円、ユーロ円100円、ポンド円120円くらいまでは下がるかもしれない気がしてきました。

豪ドル円も度重なる介入で60円台を維持していますが、60円を下抜けると、どこまで行くことやら…。

実生活ではまだまだぜんぜん実感がないのですが、本当に「戦後最大の金融危機」なのだということを再認識しておいたほうが良いのかもしれません。

安易な円売りは危険、ということだと思います。

[投稿日:2008年11月13日]

どうしても勝てない人におすすめ

FX証券会社比較特集

最近の関連エントリー

PR

管理人プロフィール

1973年生まれの男。
2016年4月でFX9年目に突入。
2008年の大負け(300万)は、2014年10月でようやくチャラにすることができました(長かった……)。
こんなダメな奴でも必死に食らいついていれば、きっといつかは勝てる日が来る。それがFXの魅力だと思います。
現在、FXで月100万を目指して奮闘中です。

FX初心者の時の大惨事を今は何とか笑って振り返ることができるようになりました。まとめ記事を書きましたので、興味のある方はぜひ、読んで失笑してみてくださいw。

序:FXを始めてたった半年で300万円大負けした話まとめ
第1話:FXバーチャルトレードでの成績はあてにならない
第2話:「損小利大」だけではFXで勝つことはできない
第3話:損切りしない戦法で月10万以上稼げるようになるものの…
第4話:FX破産への近道それは「ナンピン」
第5話:損切りできないとたった一度の失敗で大金を失う。それがFXの怖さ。
最終話:敗北から得たものと今もFXを続けている理由

FX初心者はこちら

FXって何?という人はこちらから読んでみてください。

おススメ

カテゴリ

about

FXブログランキング


Copyright(c) FX初心者からの成功と失敗日記 All Rights Reserved