NYダウ、日経が好調もクロス円のトレンドは依然下向き?

08年10月21日火曜日の外国為替マーケットの動き。

昨夜はNYダウが堅調。9月景気先行指数が予想を上回る数字となったことも影響したのか、序盤から終始プラス200ドル超の辺りで安定。
終盤バーナンキFRB議長の議会証言等を好感してか、前日比プラス413,21ドルまで上昇して引けると言う展開。

が、肝心の為替相場への影響はあまりなかったようです。

しかも、本日もドル円、クロス円は、ここまで軟調な展開に終始。ユーロ円、ポンド円、オージー円などは2円近い下落になっています。

日経平均株価が前日比+300,66円まで上昇して引けるなどしたものの、リスク資産選好の動きにはつながっていません。

理由は、いろいろ調べてみたところ、欧州圏の経済悪化懸念が根底にあるとか。

米経済のリセッションに関しては、FRBのバーナンキ議長らが必死にいろいろ策を巡らせている様子が垣間見れるのですが、欧州の要人発言等を聞いてみると、米国に比べて、多少楽観的な発言が多いような印象を受けます。

昨日の欧州時間あたりからユーロドル、ポンドドルが売られていますが、そういうのも影響しているのかもしれません。

いずれにしても、まだまだドル円、クロス円のトレンドは下向き、ということで間違いなさそう。

下がってきたところを買うよりも、上がったところを売る「戻り売り」のほうがリスクは少ないような気がします。

ただ、マーケットが相変わらず薄く、値動きが荒いので、1、2円程度の反発は覚悟する必要がありそうですが。

それと本日はカナダの政策金利発表がありますが、大方の予想は0,5%引き下げの2,00%。0,25%を予想する向きもあるので、予想どおり0,5%の引き下げだと、カナダドルは少し売られる展開になるかもしれません。

まあ、過去の経験上、カナダ中銀はサプライズが多いという印象を持っていますので、もしかして1,00%の利下げで加ドル暴落、というシナリオも個人的には期待しています(笑)。

[投稿日:2008年10月21日]

どうしても勝てない人におすすめ

FX証券会社比較特集

最近の関連エントリー

PR

管理人プロフィール

1973年生まれの男。
2016年4月でFX9年目に突入。
2008年の大負け(300万)は、2014年10月でようやくチャラにすることができました(長かった……)。
こんなダメな奴でも必死に食らいついていれば、きっといつかは勝てる日が来る。それがFXの魅力だと思います。
現在、FXで月100万を目指して奮闘中です。

FX初心者の時の大惨事を今は何とか笑って振り返ることができるようになりました。まとめ記事を書きましたので、興味のある方はぜひ、読んで失笑してみてくださいw。

序:FXを始めてたった半年で300万円大負けした話まとめ
第1話:FXバーチャルトレードでの成績はあてにならない
第2話:「損小利大」だけではFXで勝つことはできない
第3話:損切りしない戦法で月10万以上稼げるようになるものの…
第4話:FX破産への近道それは「ナンピン」
第5話:損切りできないとたった一度の失敗で大金を失う。それがFXの怖さ。
最終話:敗北から得たものと今もFXを続けている理由

FX初心者はこちら

FXって何?という人はこちらから読んでみてください。

おススメ

カテゴリ

about

FXブログランキング


Copyright(c) FX初心者からの成功と失敗日記 All Rights Reserved