週末G7を睨み、NY時間引けにかけてショートカバー

08年10月10日金曜日の外国為替相場の一日のまとめ

・米銀大手のウェルズ・ファーゴのワコビア買収が決定との発表。
・大和生命が更正手続き開始との報道で、ドル円97円台へ。
・日経平均株価、寄り付きから売り先行で、一時1000円超の下落。
・正午過ぎ、日本国債先物に売りが殺到し、ストップ安へ。
・14時前、米政府が銀行預金の一時的な全額保護検討との報でドル買いに。
・日経平均株価は前日比−881,06円で引け。約五年ぶりの安値へ。
・NYダウは一時400ドル超の下げも、終盤急上昇を見せ、前日比−128,00ドルで終了。

この日は朝方クロス円、ドル円共に下げたものの、比較的落ち着いた展開が続きました。
ただ、日経平均株価は相変わらずの大幅下落。日本の将来が心配になります(笑)。いずれはこの株価が円売りの材料になるような気がするのは僕だけでしょうか。
大和生命が破綻するなど、日本にも金融危機の波が襲いつつあるようですし…。

NY時間に入ると、昨日と同じくNYダウの動きに振り回される動き。
協調介入以前のような乱高下は起きなくなったものの、ユーロドルなどはかなりの下落(特に材料はなかった?)。

ただ、NY時間引けにかけては、やはり週末のG7の結果を見据えた利益確定の動きからかNYダウが急上昇、ドル円やクロス円のショートカバーも強まった様子。
これはG7で金融不安が解消される、といった積極的な買いではなく、単なる利益確定の動きであるのは間違いなさそう。
ここでクロス円、ドル円の買いを入れるのははっきり言ってリスクが高いですから。

いずれにしても週明け月曜日はまたしても日本は祝日。で、東京時間はマーケットが通常よりも薄い状態。G7の結果を受けて、すさまじい相場展開になりそうな気が…。

まあ、このまま円買いが続いてくれたほうが輸入物価が安くなるのですが、他国(特に米国)への輸出に頼る日本の経済事情を鑑みると、やはり我々日本人も我関せずでは入られなくなるので、FXの勝ち負けも大切ですが、とにかく一度金融混乱が収まって欲しいものです。

G7の結果がどうあれ、来週もこのままの流れが続くとはあまり考えたくないし、いい加減来週あたり株価、為替共にそろそろ底を打つ気もするのですが。ちなみにドル円は長い下ひげのある陽線引けとなっています。

[投稿日:2008年10月11日]

どうしても勝てない人におすすめ

FX証券会社比較特集

最近の関連エントリー

PR

管理人プロフィール

1973年生まれの男。
2017年4月でFX10年目に突入。
2008年の大負け(300万)は、2014年10月でようやくチャラにすることができました(長かった……)。
こんなダメな奴でも必死に食らいついていれば、きっといつかは勝てる日が来る。それがFXの魅力だと思います。
現在もFXで月100万を目指して奮闘中です。

FX初心者の時の大惨事を今は何とか笑って振り返ることができるようになりました。まとめ記事を書きましたので、興味のある方はぜひ、読んで失笑してみてくださいw。

序:FXを始めてたった半年で300万円大負けした話まとめ
第1話:FXバーチャルトレードでの成績はあてにならない
第2話:「損小利大」だけではFXで勝つことはできない
第3話:損切りしない戦法で月10万以上稼げるようになるものの…
第4話:FX破産への近道それは「ナンピン」
第5話:損切りできないとたった一度の失敗で大金を失う。それがFXの怖さ。
最終話:敗北から得たものと今もFXを続けている理由

FX初心者はこちら

FXって何?という人はこちらから読んでみてください。

おススメ

カテゴリ

about

FXブログランキング


Copyright(c) FX初心者からの成功と失敗日記 All Rights Reserved