今夜の米FORMを前に一波乱の予感

08年10月29日水曜日の外為相場。

・昨夜発表の米10月消費者信頼感指数が集計依頼最低(38.0)に
・深夜シュタインブリュック独財務相が円高懸念発言
・深夜日経が日銀が利下げ検討と報道
・NYダウは前日比+889,35ドルと急騰
・本日の日経平均株価は前日比+589,98円

昨夜のNY時間はすさまじいクロス円・ドル円のショートカバー大会になりました。

ドル円で5円、ユーロ円、ポンド円などは10円近く、NY時間だけで上昇。
それまでの下落幅がすごかっただけに、通常のショートカバーをはるかに凌駕するレベルも当然なのでしょう。

今日も午前中は、再び円買い基調になっていましたが、NYダウに引き続き日経が大幅高となったことからか、再び円売り優勢に。

ただ、今日深夜、米FORMで政策金利の発表があります。ちなみに市場のコンセンサスは0,5%利下げだそうですが、一部では0,75%利下げを予想する声もあるそうです。

また、昨夜と本日の円売り、株価上昇は、米FORM前の単なるポジション調整であり、まだまだクロス円、ドル円ともに戻り売り、という人が多いです。

加えて、昨日の大幅上昇の反動で、NYダウが反落スタートの可能性もあります。

円売りを考えている人はその辺りも注意しておいたほうが良いでしょう。
安易にここが底だ!と円売りをしてしまうのは避けたいところです。

ただ、ここ数日、ネット証券やFX会社への口座開設の申し込みが殺到しているとか。

歴史的な株価低迷と円高は、考え方によってはすごい大儲けのチャンスでもあるので、ある意味当然のことかもしれません。

もちろん、長期的な目で見ると、個人的にもチャンスだとは思うのですが、為替に関して言えば、まだまだ一波乱ありそうな雰囲気もあるので、個人的には本日も様子見にしたいと思います。

アイスランドとイギリスの件を見ても、やはり今の世界経済は異常な状態にあるのは事実。

考えられないような異常な事態が今後起こらないとは限らない、と言えます。

まさにハイリスク・ハイリターンな相場、といった感じ。

ポジションを持つ人はそれなりの覚悟が必要なのは今も数日前もまったく変わっていない、と思います。

[投稿日:2008年10月29日]

どうしても勝てない人におすすめ

FX証券会社比較特集

最近の関連エントリー

PR

管理人プロフィール

1973年生まれの男。
2016年4月でFX9年目に突入。
2008年の大負け(300万)は、2014年10月でようやくチャラにすることができました(長かった……)。
こんなダメな奴でも必死に食らいついていれば、きっといつかは勝てる日が来る。それがFXの魅力だと思います。
現在、FXで月100万を目指して奮闘中です。

FX初心者の時の大惨事を今は何とか笑って振り返ることができるようになりました。まとめ記事を書きましたので、興味のある方はぜひ、読んで失笑してみてくださいw。

序:FXを始めてたった半年で300万円大負けした話まとめ
第1話:FXバーチャルトレードでの成績はあてにならない
第2話:「損小利大」だけではFXで勝つことはできない
第3話:損切りしない戦法で月10万以上稼げるようになるものの…
第4話:FX破産への近道それは「ナンピン」
第5話:損切りできないとたった一度の失敗で大金を失う。それがFXの怖さ。
最終話:敗北から得たものと今もFXを続けている理由

FX初心者はこちら

FXって何?という人はこちらから読んでみてください。

おススメ

カテゴリ

about

FXブログランキング


Copyright(c) FX初心者からの成功と失敗日記 All Rights Reserved