CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)に関するニュースが懸念材料

08年10月17日金曜日NY時間の外為相場は、大幅な円売りとなりました。

米株先物が下落していたことや、米9月住宅指標やミシガン大学消費者信頼感指数が弱い数字になるという思惑から、NYダウも反落スタート確実、ドル円やクロス円も伸び悩むのでは?と予想をしていたのですが…。

まあ、米経済指標の悪化までは計算どおり、というか大方の予想通りだったのですが、どうも材料出尽くしとばかりその後ドル円、クロス円は上昇を開始。

NYダウも引け間際に急落したものの、堅調に右肩上がりの時間帯が多く、つられてクロス円、ドル円も堅調に。特に豪ドル円などは3円近い上昇幅に。

ウォーレン・パフェット氏が米国株を購入しているとの報道もあったそうですから、もしかすると米国株の底は近いかも。

そうなると、来週ドル円やクロス円は大幅上昇!となるかもしれませんが、やはり早計は禁物。

NY時間終盤、NYダウが急落したのも気になりますしね。

本日のネットの経済ニュースでCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)に関する記事をたまたま見てしまったのも個人的には懸念材料になっています。

ちなみに、CDSとは、取引企業が倒産すると困る企業が、そのためにかけているいわゆる企業版生命保険のようなもの。

例えば、リーマン・ブラザーズ破綻で発生した損失に対する保証金額(想定元本)は推定40兆円ほどなのですが、リーマンの取引先企業のいくつかはCDSという生命保険を買っていたため、お金を貰うことができてラッキー?なのですが、困るのは引き受け先(つまりCDSを売っていた保険会社)。

で、実はこのCDSの最大の引き受け先となっていたのが、先日政府救済によって倒産危機を脱した米保険大手のAIGだったそうです。

日本でも大和生命が破綻しましたし、来週あたり、欧州の大手保険会社あたりに悪いニュースが…なんてことになる可能性があるそうです。

そう考えると、来週もまだまだ一波乱あるのかも、という気がします。

[投稿日:2008年10月18日]

どうしても勝てない人におすすめ

FX証券会社比較特集

最近の関連エントリー

PR

管理人プロフィール

1973年生まれの男。
2016年4月でFX9年目に突入。
2008年の大負け(300万)は、2014年10月でようやくチャラにすることができました(長かった……)。
こんなダメな奴でも必死に食らいついていれば、きっといつかは勝てる日が来る。それがFXの魅力だと思います。
現在、FXで月100万を目指して奮闘中です。

FX初心者の時の大惨事を今は何とか笑って振り返ることができるようになりました。まとめ記事を書きましたので、興味のある方はぜひ、読んで失笑してみてくださいw。

序:FXを始めてたった半年で300万円大負けした話まとめ
第1話:FXバーチャルトレードでの成績はあてにならない
第2話:「損小利大」だけではFXで勝つことはできない
第3話:損切りしない戦法で月10万以上稼げるようになるものの…
第4話:FX破産への近道それは「ナンピン」
第5話:損切りできないとたった一度の失敗で大金を失う。それがFXの怖さ。
最終話:敗北から得たものと今もFXを続けている理由

FX初心者はこちら

FXって何?という人はこちらから読んでみてください。

おススメ

カテゴリ

about

FXブログランキング


Copyright(c) FX初心者からの成功と失敗日記 All Rights Reserved